お財布にECOな風俗

結局ツボなのかなって

風俗嬢選びのコツ。それはどれだけ自分のツボなのかって点にかかっているような気がしますね。ツボ、つまりは好みですね。風俗嬢は無数にいます。その中から好みの女の子を見つけるのは簡単ではないかもしれないですけど、ただ風俗嬢側としても仕事でこちらに向き合ってくれるので、ナンパの時みたいに敵意だったり、出会い系サイトのようにおちょくろうって思っている女の子なんていません(笑)だからそこまで好みではない風俗嬢相手でもそれなりに楽しめるのが風俗の良さですけど、思う存分楽しみたいとか、最高の満足をって思ったら、やっぱり自分の好みの風俗嬢を選んでおくのが無難なのかなって思うんですよね。そのためにはプロフを見たりとか、フロントスタッフ相手にしっかりと情報収集したり。それらが求められるんじゃないですかね。特にフロントは風俗嬢とも接しているので、細かい部分まで見ているんです。だから情報も的確かつ、正確なんですよね。

ドキっとさせられましたよ

さすがにこの前はドキっとさせられました…。風俗を終えて帰宅すると、妻から「最近毎日楽しそうね」「残業した割りには疲れてなさそうね」「残業の時に限って調子良さそうに帰ってくるね」と。妻には残業だと嘘をついて風俗を楽しんでいるんですけど、やっぱり何となくいつもとは違う気持ちだったのかもしれません。だからふと思ったんです。風俗は楽しいんですけど、まさか妻にそんな形で勘付かれているとはと。まだ風俗を疑われている訳じゃないというか、むしろ妻としては浮気を疑っていると思うんですよね。自分の中では風俗は浮気ではないって思っているので、別にコソコソするつもりはないと思っていますけど、ただやっぱり表立ってさすがに「風俗を楽しんできた」とは言えないですしね。でも、実際風俗で楽しい気持ちになった後ってどうしてもテンションも高めになってしまいますよね。だからこれからは帰宅する時には少し憂鬱そうな演技をしないといけないなって。