お財布にECOな風俗

会社帰りに駆け込む生活です

毎週とまでは言いませんけど、二週に一度、あるいは三週に一度くらいの割合で風俗のお世話になっています。風俗の良さはいろいろとありますけど、仕事帰りの場合、自分へのご褒美のような気持ちですね。解放感もありますし、風俗を楽しむことによって、いろんな気持ちを味わうことが出来るんですよね。だから大好きなんですよ。風俗を楽しんでいて思うのは、とにかく楽しいのもそうですけど男としての充実感ですよね。仕事は別に男だからとかじゃないんです。人として頑張らないといけないじゃ無いですか。やりがいもそれなりにありますけど、仕事で得られる充実感は男としての充実感ではなくて、人として、格好良く言えばビジネスマンとしての充実感ですよね。良いものではありますけど、でも別に男としての充実感ではないんです。男としての充実感は、仕事では得られないものですよね。じゃあどこで得られるのかって言ったら、風俗ですよ。だからこそ、風俗は欠かせないんです。

風俗には驚きがたくさんある

風俗には驚きがたくさんあることは前から分かっていたんですけど、さすがに前回のようなプレイをすると驚きという言葉以上の衝撃があるんじゃないかなって思いますね。相手のUちゃん、物凄く美人な風俗嬢だったんですけど、かなり反応が良かったんですよね。それだけに、自分なりにいろいろなことを楽しませてもらいました。でも、一番驚かされたのはギャップですね。美人ではあるものの、物凄く貪欲なんです。それは性的な意味での貪欲さですよね。こちらが「ここまでしてくれるのか」と思えるほどに貪欲だったんですよ。それに、人は見かけによらないというか、そもそも彼女はあまり性的なことには興味なさそうな雰囲気の女の子だったんです。そんな彼女があれだけ積極的だったって言う事実にこそ、驚きが隠されていますよね。だからこそ、その日の満足度は自分でも驚くくらいだったので、発射した時の量も、自分でも驚くくらいのものになったんじゃないかなと(笑)