お財布にECOな風俗

醍醐味と言えば変貌ぶりでしょう

風俗の楽しさは、女の子がどれだけ表情を変えてくれるのかなんです。初対面の時には美人だなって思ったり、上品だなって思っても、プレイの中で徐々に女としての本性を見せてくる。それが好きなんですよ(笑)だからどちらかといえば攻める方が好きですけど、受けも好きです。むしろあまりエロさを感じさせないような風俗嬢が、自分に積極的に攻めてくれるのもいいですよね(笑)つまりはギャップが楽しいのかなって自分でも思うんですよ。「まさかこんなことまでしてくれるなんて!」がいいんです(笑)見た目からは想像出来ないようなプレイをしてくれる風俗嬢がいいんですよね。大人しくて、まだまだ何も知りませんってくらいのルックスの女の子が、風俗嬢としてこちらに積極的に奉仕してくれたり、あるいは自分の攻めによって女として刺激されて喘いで悶えて。そのな変貌ぶりこそ、風俗で何よりも楽しい部分なんじゃないのかなって思っているので、イメージが大切ですよ。

コストパフォーマンスの考え方

コストパフォーマンスは良いに越したことはないんですけど、ただ風俗に関して言えば安ければ良いって話でもないですよね。むしろそれなりにお金をかけた方が楽しめるケースもあるので、風俗ほどコストパフォーマンスの考え方が難しいジャンルもないかなとは思います。激安と謳われている風俗ではあまり好みの女の子がいないって声も良く聞かれますしね。だから自分も、料金はそこまで重視しません。明らかに相場より高いなって思ったらさすがに敬遠してしまいますけど、今はホームページで簡単に料金を確認出来るので、そういったことも特にないですしね。だから風俗に関してはお金だけを優先するのではなくて、自分の好みの女の子を選ぶという点を大切にしていますね。多少高いかなって思っても、好みの女の子との時間を過ごした方が満足出来るってことも分かってきたので、少し違う程度であればあまり細かい部分にまではこだわらないようにしているんですよ。