お財布にECOな風俗

事実、いつも楽しい時間になる

風俗に外れなし。そんな格言をどこかで見たことがありますけど、確かに自分もいつも風俗は楽しいです。これはシチュエーションを問わないですね。みっちりホームページを見て予習した時もそうですけど、あまりあれこれ調べないで、そのまま風俗店に行って誰かを指名したとしてもなんですよ。これって風俗がそれだけ魅力的なジャンルそのものだからってことなんじゃないですかね。男のロマンとか、男のユートピアって言われ方もしていますけど、それもよく分かりますよね。風俗にここまでいろんなバリエーションが生まれたのも、全ては男の欲望という名のニーズから生まれたものじゃないですか(笑)男と共に成長したのが風俗の世界だと思うので、男にとって楽しい世界なのは言うまでもないことなんですよね。だからこそ、自分も風俗は常に楽しいですし、もっともっとがっつり楽しみたいなって気持ちにもなるんです。それくらい、風俗って魅力的なものなんですよね。

そこそこの回数になってきた

風俗で遊んだのはそこそこの回数になってきましたね。それは自分にとっては好ましい事というか、自分でも驚くこともあるレベルと言うか(笑)でもそれはそれでとても楽しいですし、一回とて惰性で風俗に行ったことはないんですよ。毎回自分なりにテーマを持って楽しむようにしています。むしろそうじゃないと行く意味がないとも思うので、自分なりにいろいろなテーマを持ちつつ楽しんでいるんですけど、それでもそれなりの回数になってきましたね。だからそろそろ初心者から卒業しても良いかなと(笑)それに、かいすうをこなすことによって見えてきたこともいくつかあるんですよ。それは、ケチらないってことですね。指名料とか時間とか、ケチると結局自分の満足度までケチってしまうような気がするんです。それよりも、そこはもうあまりケチらず、指名料もがっつり支払ってやるくらいのつもりでいた方が、案外自分の満足度も高くなるので、風俗は「ケチらない」が大切です。